So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2014年10月 |2014年11月 ブログトップ

EV車はどこがエコ?エコカーとは?ガソリン車との比較

目次

EV車はどこがエコ?エコカーとは?ガソリン車との比較
関連記事

EV車とは、電気自動車のことです。

電力をエネルギー源として、エンジンを燃やすのでなく車内部に搭載された
バッテリーの電池を消費して走行します。

でエコカーとは低公害車の意味で、大気汚染物質の排出が少ない車両のことです。



現代の道路を走る車のほとんどは、ガソリンを使った原動機を動力としていて、
これが深刻な環境問題と資源問題の引き金となっています。

既存のものと比較しないと、よさってわからないですよね。

現存する自動車は、ガソリンを燃やした熱を利用してモーターを回しています。


しかしガソリンでは、燃やした時に得られる熱エネルギーのほとんどを
無駄にしている状況で、ガソリンを燃やして1km進むのに
だいたい15円かかることになるそうです。

それに対して深夜料金を使用するとなると1km進むのに約1円で大丈夫だそうです。

でもこれだと新たな電力需要が深夜の時間帯に発生することになりますね。

原子力発電だけでさらに普及していくEV車の充電需要に対応できるのでしょうが。

深夜の時間帯は、太陽光発電はりようできないので、
エコといっていいのやらもすこし怪しいですね。


それでも、走行中に出す二酸化炭素の量は少なく済み
大気汚染防止につながることが見込まれているようです。

ガソリンで動く場合だと燃焼と爆発を繰り返して走行しているため
騒音問題などもEV車ではなくなるとのこと。

しかしあまりにも消音しすぎて歩行者に車の存在を気づかれないので
事故の原因となりえるそうです。

そのため、歩行者に気付いてもらうための音を出すことが義務になるようです。
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

EV車の登場にまつわる課題 スマートグリットとは何か?

目次

EV車の登場にまつわる課題 スマートグリットとは何か?
関連記事

EVといううのは、ざっくり完結にいうと蓄電池を用いて走行する自動車のことです。
EV車が世の中に登場した背景なんかに触れます、


Vehicleとcarはどちらも自動車という意味です。

これについてちょっと考えてみました。

vehicleの意味は乗り物といういみ、輸送機関とすべての車両がこの単語には含まれてます。

ちなみにcarは一般的に車ですね。


問題はcarを使わずになぜVehicelという単語をつかったのかということですよね。

まず、はじめにアメリカ合衆国で提案されたスマートグリットとというものを紹介します。

スマートグリットは、電力網のことです。スマートっていうのには、
電気的なという意味も含まれて使われるそうなのです。

スマートメーターという電力をデジタルで測定して、メータ内にあらかじめ組み込まれている
通信機能で、どれだけの電力を消費したのかを測定するものです。

つまり電子機械同士の通信を使用することによって、電力を数値として見えるようにし、
従来ならば月に一度点検員が検針作業をしていたところなのだが通信を
利用することで人件費を削減することができるということです。

人件費を削減し、どれだの電力を使用したかを見えるようになるので
顧客の生活スタイルに見合った契約を結べることができる新しい電力網のことです。

機械と機械間で通信をし人間を介さないことで人件費を節約すことと、
電力の無駄をなるべく起こさないための試みです。

2013年の時点で実用化に向けて施策されている段階です。
これとEVに何が関係するのかというとですね。



スマートグリットもEV自動車どちらも電気が元です。

従来は電気産業と自動車産業は全くべつの業界でした。

しかし、これからの時代でもっとも気にすべき点は資源を有効に
使うことが大切になります。

この資源というところに再生可能エネルギーを使い生活をより豊かに
環境に配慮しして経済の発展を狙っているのです。

スマートグリットはすべての電気製品を
マシーンを使ってコントロールしようという考えです。

となると電気を使って動く電気自動車も
スマートグリットというネットワークの一部分になります。

このことから単なる車でなく、これからの世の中はクリーンな電気で動かすのだ
と言っているのではと私は考えます。

スマートグリットの課題としては、送電網を発達させるには
かなりの経済力と維持費がかかると思われます。
みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次


EV車とは?Vehicleとcarの違い

目次

EV車とは?Vehicleとcarの違い
関連記事

EV車とは何か。

Electric Vehicleの略です。Vehicleとcarはどちらも自動車という意味です。

あれ?でもなんで、Electric carではないの?こっちの方がわかりやすいのに
確かにその通りなんでわかりにくいVehicleにしたのか。

ちなみにvehicleの意味は乗り物という意味、
輸送機関とすべての車両がこの単語には含まれてます。

私なりに別記事で解釈してみたいと思います。

近年、資源制約や環境問題への関心の高まりを背景にして、
電気自動車に注目が集まっているそうです。

この話は詳しくはまた別記事にでも書こうかなと思います。


ということで、EV車というのは電気自動車のことです。

電力をエネルギー源として、エンジンを燃やすのでなく
バッテリーの電池を消費して走行します。

現代の道路を走る車のほとんどは、
ガソリンを使った原動機を動力としている車両のことです。

ちなみに原動機は自然界に存在するエネルギーを機械的を通して
物理エネルギーに変換する装置のことです。

EV車は、本来ならガソリンを燃やすといった自然界の
燃焼という現象を利用するところを、電気を利用して車のモーターを動かすことです。

車に搭載された電池から電力を供給しているものと、移動しながら
電力を外部から提供してもらう架線式電気自動車というものがある。

電池といっても、使い捨てでなく充電することによって
何度でも使えることができるもであります。

架線式電気自動車としては、架線に接触させて電源を得る方式は
トロリーバスとして古くから用いられているほか、架線を地下に埋設して、
誘導電流によって走行中に充電できるオンライン電気自動車などが存在するようです。

ここらへんも別記事に・・・



電気自動車の一番の影響は、化石燃料を使わずにクリーンな発電で得た電力を
使用することによってさらにエコにつながるということ。

それと、出力の制限が難しい原子力発電の普及によって増大した夜間の
余り電力を安価な深夜電力として利用することができるという点であります。

ガソリンを燃やすよりも数倍エネルギー効率が用という点と、ガソリンスタンド
エコステーションなど専用の充電設備なしても運用が可能であるという点である。

2014年現在販売されている完全電気自動車は日産自動車の「LEAF」というものがある。

2010年より日本とアメリカで販売されています。

家庭用のコンセントでも充電ができますが、フルで充電するのには
8時間ぐらいかかるので、深夜料金の間に充電すると。

だいたい1km走るのにかかるのは約1円で走れるそうなので、
夜間の電気ロスが少なくて済み経済的で何とお得なんでしょう。
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次



- |2014年10月 |2014年11月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。