So-net無料ブログ作成

EV車の登場にまつわる課題 スマートグリットとは何か?

スポンサードリンク




目次

EV車の登場にまつわる課題 スマートグリットとは何か?
関連記事

EVといううのは、ざっくり完結にいうと蓄電池を用いて走行する自動車のことです。
EV車が世の中に登場した背景なんかに触れます、


Vehicleとcarはどちらも自動車という意味です。

これについてちょっと考えてみました。

vehicleの意味は乗り物といういみ、輸送機関とすべての車両がこの単語には含まれてます。

ちなみにcarは一般的に車ですね。


問題はcarを使わずになぜVehicelという単語をつかったのかということですよね。

まず、はじめにアメリカ合衆国で提案されたスマートグリットとというものを紹介します。

スマートグリットは、電力網のことです。スマートっていうのには、
電気的なという意味も含まれて使われるそうなのです。

スマートメーターという電力をデジタルで測定して、メータ内にあらかじめ組み込まれている
通信機能で、どれだけの電力を消費したのかを測定するものです。

つまり電子機械同士の通信を使用することによって、電力を数値として見えるようにし、
従来ならば月に一度点検員が検針作業をしていたところなのだが通信を
利用することで人件費を削減することができるということです。

人件費を削減し、どれだの電力を使用したかを見えるようになるので
顧客の生活スタイルに見合った契約を結べることができる新しい電力網のことです。

機械と機械間で通信をし人間を介さないことで人件費を節約すことと、
電力の無駄をなるべく起こさないための試みです。

2013年の時点で実用化に向けて施策されている段階です。
これとEVに何が関係するのかというとですね。



スマートグリットもEV自動車どちらも電気が元です。

従来は電気産業と自動車産業は全くべつの業界でした。

しかし、これからの時代でもっとも気にすべき点は資源を有効に
使うことが大切になります。

この資源というところに再生可能エネルギーを使い生活をより豊かに
環境に配慮しして経済の発展を狙っているのです。

スマートグリットはすべての電気製品を
マシーンを使ってコントロールしようという考えです。

となると電気を使って動く電気自動車も
スマートグリットというネットワークの一部分になります。

このことから単なる車でなく、これからの世の中はクリーンな電気で動かすのだ
と言っているのではと私は考えます。

スマートグリットの課題としては、送電網を発達させるには
かなりの経済力と維持費がかかると思われます。
みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

↓↓↓お買い物はこちらへ↓↓↓

←↑買い物するならここがおすすめ↑↑↑




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。